FC2ブログ

☆戸建住宅劣化診断士☆

あのとんでもなく暑かった夏がうっすら霞む程には涼しくなり、秋の足音が聞こえてきましたね
ただ、油断しているとふっと帰ってくる暑さがあるので皆さん気をつけてくださいね

さて、某月某日行われた戸建住宅劣化診断士試験に我が社の精鋭3名が
合格致しました
戸建住宅劣化診断士

わーいパチパチパチ

しかし、戸建住宅劣化診断士とはなんじゃらほい?と思われる方も多いのではないでしょうか?
そんな皆様の疑問を解決すべくどっどーんとご説明致します

戸建住宅劣化診断士とは木造住宅塗装リフォーム協会が定める、木軸従来工法の既存住宅の劣化診断とリフォームの適切な工法提案及び施工までを視野に入れた技術資格制度です。

現在、日本の住宅ストック総数は6,000万戸を超え、空き家も820万戸(13.7%)となり近年の新築住宅着工戸数の約10年分となっています。
こうした状況から、新築からストックへと大きく流れが変わり、中古住宅の流通や近々の制度化が見込まれている【長期優良住宅化リフォーム制度】に伴うインスペクション(建物検査)技術の必須化など、既存住宅の劣化診断要請が高まっています。

しかし、劣化診断に留まらず、それをリフォームする適切な工法提案、更には実際の施工までをカバー出来る専門家がいなかった為、建築士や施工管理技士の有資格者がこれらの仕事を担ってきました。
そこで制定された資格が戸建住宅劣化診断士なのです

戸建住宅劣化診断士が行う診断内容は
・既存戸建住宅の構造劣化
・耐震性
・省エネ性能
・屋根及び外壁の劣化
・防水性能
・内装の劣化
・設備劣化
・給排水劣化

上記に関する診断と適切な改修工法の選定、お客様への適切なアドバイスです。

例えば「外壁の塗装がダメになってきている」とだけ指摘されても、よくわかりませんよね
戸建住宅劣化診断士は何がダメなのか、どうしてダメなのか、どういった危険性があるのか診断し、わかりやすく報告書を作成しお客様に提示します。

大切なおうちを長く、快適に維持する為には適切な診断に基づいたメンテナンスが大事です
おうちのメンテナンスにかかる費用は決して安いものではなく、ご納得して決めていただけるよう戸建住宅劣化診断士の資格取得を致しました

おうちのことで気になることや不安なことがございましたら、お気軽に
ホーム建創へお問い合わせ下さい
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
平塚 外壁塗装